« 暑いからね… | Main | 『電車男』 »

狂歌大全集。

なにはともあれセットリスト。
(走り書きのメモ、テーブルに上がってきた晃士様に踏まれました(^^;)
(1部)
サーカスサーカス
テアトル蟻地獄
灯り窓
L'amour
モノローグ劇場
苔のむすまで
求人広告と飲みかけのエスプレッソ
流浪の朝謡
花のかんばせ

★2部開演前にビデオ上映あり。
「ガレシャンの間」「トモダチ狂想曲フルバージョン(CD未収録分)」

(2部)
神頼みのチャチャチャ
平成エレジー
名も無きマチネ
素晴らしきプチブルジョア
夜会服で
ななかいのバラジョー
幕切れはひとり
陽はまた昇る

(アンコール)
いざ進めよ、いばらの道を
愛の詩

↓以下、レポート(8/7 どーにか書き上げ。時間かかりすぎ)

待ちに待った狂歌大全集。ひさびさの生ガレですよ。
しかし本日は思いっきり平日。開場時刻は18:30。しかしうちの会社、定時が18:45。
定時に出ても開演には間に合うだろうが、やはりここは開場時にはたどりついておきたい…
と、いうことでさっくりとフレックス発動。こーゆー時に使わずに何のためのフレックス制度ですか。残業しまくってるから勤務時間の辻褄は合ってるしね♪(こーゆーことをほざいてる時点で社会人としては微妙に終わってますが)
Duoにたどりついたのが18:20頃。いつものライブ友達とお久しぶりのご挨拶。浴衣乙女たちが可愛い…。
さて開場。「ドリンク代600円をご用意くださーい」…あ。習い性で500円握ってたわ(^^;)慌てて100円玉探す。
入って驚く。広い!テーブルが整然と並び、テーブルの上には揺らめくキャンドル。なんてオシャレな空間なんだ!落ち着かないぞ(笑)
なんだか微妙に席の譲り合いになってしまい、いいの?と思いつつ最前センターに陣取ることに(^^;)
そして改めてステージを見渡すとこれまた広い。そしてなんだかいろいろ置いてある。
舞台向かって右手から
エレピ(前面に骸骨マラカス3本+ガレシャンマネーが貼り付けてあった)とアコ2台。
街灯
赤いドア
コート掛け(マラカスとかかかってる)と小物置いたテーブル<これはいつもななかいにある奴か…
ギター
丸テーブルと椅子
…と、こんな感じだったかな?ななかいでこんなに大道具置いたらガレシャン立つスペースなくなるぞ(笑)
しかし微妙に違和感があるなーと思ったら燭台がない。やはりこーゆー大きなハコだと舞台上で火は御法度なのか?…まあ客席にキャンドルあるからいいっちゃいいんだろうが…
チケとか物販とか買いに行ったりトイレ行ったり(これまたキレイで落ち着かないんだ(笑))しつつまったりと開演待ってたら地震でプチ阿鼻叫喚。Fumiyaはといえば、あーアレ落ちてきたら怖いよねー。とか揺れる吊り下げライトをのんびり眺めながら飲んでましたが。

さておなじみ「オートバイの男」に乗せて開演です。
舞台中央のドアから出てくるのかと思ったらさすがにそれはなかったですが。(袖との位置関係上、それやるとしたらドアの後ろに潜んでなきゃいけませんもんね…)
しかし衣装…黒エナメル風で襟と袖にスパンコール…というか鋲打ったような模様のシャツ+黒革パンツといういでたちの芳明さんはいいとして晃士様…そのスケスケシャツは何事ですか(^^;)しかも上半身がピタピタなのに下半身がゆったりタイプのパンツなのは何故ですか?…それでは脚の動きが拝みにくいではないですか!せっかく最前なのにー(…ってをい)
「サーカスサーカス」でスタート。曲の途中で軽くいつもの自己紹介。このときの芳明さんのIQが175だったのですが、一発目のMCでもう1回自己紹介やったときには何故か18に下がってました。なんだこの急降下は。

インチキラテン・ピアニスト エンリコ・ヨシアキーノ氏再登場。胸毛も健在(笑)…一瞬ここで相方マサルンバ・ゴトウ氏呼び込みで胸毛ブラザーズ再結成かと思いましたがそれはなく、「苔のむすまで」ラテンで。
演奏終了後、付け胸毛は客席に投げ込まれ、キャッチしたおねーさんが困惑してました(笑)

「求人広告と飲みかけのエスプレッソ」では謎のギャルソンが登場。丸テーブルにチェックのクロスをばさりとかけます。そしてどうやら新米らしく(カフェ・ド・シエスタの新米ギャルソンの時給は740円らしい)、カップをかたかた言わせながら運んでみたり、どうも壁にぶちあたっているらしく、演技の基本パントマイム「壁」をやらかしてみたりと、舞台さらってました(笑)。その正体は舞台監督の小野寺修二さんだったそーですが。

1部も終盤にさしかかったところで晃士様より大道具撤収命令。…一瞬芳明さんがここで「盆回し」弾き出すかと思ったらさすがにそれはやらんかった(^^;)
スタッフが飛び出してきて、大道具を片づけ出す。先ほどのギャルソンもスタッフと一緒に飛び出してきたが、舞台中央でぴたりと止まって自ら大道具化。スタッフのおにーさんに担ぎ上げられて去っていったのでした…(うっかりいにしえの「TVにらめっこ」の退場シーンを思い出してしまったよ…)
晃士様、苦笑とともに「おいしいとこ全部もっていきやがって」
…ええ。確かに強烈でしたわ。

噂のミスプリ「ガレージジャンソンショー」手ぬぐいもネタとしてご披露。地方巡業で100円で売りさばいたら30枚とか買った豪快さんもいたそーな。
「みなさま、ヤフオクには出さないでください」…多分出ないと思います。(試しに探してみたけどやっぱ出てなかった)

2部開始前のビデオ。ガレシャンふたりのお部屋紹介です。
晃士様、ラミネーターはともかくアブローラーとか結構おかしなモン持ってますね。猫萌えなのでマリーちゃんに萌え。
芳明さんのキッチンが素敵でした。ビタクラフト鍋…しかし浄水器のお手入れはしたほうがいいと思います(^^;)

2部は「神頼みのチャチャチャ」でスタート。…どっかの仲の悪い兄弟ネタ(笑)ちゃんこダイニング♪ってそのまんますぎます。


2部の衣装は芳明さんがやっぱ黒っぽい上下(…だったような気がするが上着どーだったかな)ジッパーいっぱいついたカーゴ風パンツの左足後ろのジッパーが半端に開いていたのがちょっと気になってみたり。(どこ見てるんだよ)
晃士様は金というか黄土色とゆーかのスーツ。ジャケットのインもほぼ同色。微妙にはだけた胸元から覗く中途半端な胸毛に萌え(だからどこ見てるんだよ)。パンツも細身になって満足満足(いーかげんにしろ)

1部で撤収された大道具の赤いドア、2部では舞台の右手に設置。(左手にはパーカッションのセット)
ふたりの願望に合わせて、ドアの向こうからゲストが現れます。

まずはバイオリンの喜多直毅さん。
弦の入った「平成エレジー」はなかなかイイ感じです。そして恒例、晃士様のほっぺた舐め炸裂(笑)パニクる喜多さん(爆)
喜多さんのほっぺたは「3番目ぐらいにしょっぱかった」らしいです。ちなみに1番は梅津和時さんだそーで。
喜「あー、あの人はしょっぱそーですねー」
晃「いろんな味がしました」
…ってそれはどーゆー会話ですか(^^;) そして2番目が誰なのかというのもちょっと気になるぞ。

続いては後藤まさるさん。道化師メイクで登場。
…コンガはともかく、スネアやシンバルまで素手でひっぱたく演奏って見た目のインパクトすごいなー(^^;)

そしてドアを蹴り開けて入ってくる杏子さん。うわあかっこいい。
バービーボーイズの頃とあまり変わってないように見えるぞ?
女性の声で聴く「幕切れはひとり」、趣が違ってなかなかでした。

「陽はまた昇る」では客席に向かって絶望を募集したのですが…
手が上がったのがひとりだけ(汗)しかしバーバラさん(仮)の絶望はかなりヘビィ。
その後も募るも、手は上がらず。
「みんな、そんなに幸せなのか!?」
…いや、仕事的には結構絶望してるんですが、それを一般的に説明する言葉が見あたらなかったです…(「1年以上デスマーチが続いている」なんて言って絶望感がわかる人なんて同業者だけだしなー)

…とか思ってたら晃士様にメモ踏まれてプチ絶望(笑)<って、これはアンコールの「いざ進めよ、いばらの道を」でだったな。

アンコールの「愛の詩」は全員で。
杏子さんがガレシャン手ぬぐいを着ていて、これが可愛い。胸元のキラキラをよく見ると、これが大量の安全ピン。タンクトップの胸元に安全ピンで手ぬぐいを留めてあるのね…なるほど、とか思いました。

終了後はサイン会です。
どこへ書いてもらおうかなっとちょっと悩みましたが結局普通に歌詞カード裏に。
芳明さん、ちょっと線がへたって「あああっ!」とか声あげるもんでビクーリ。…しかしソレ、私最初のサイン会でもやられた気が…(^^;)

そんなこんなで、非常に楽しいライブでございました。ハコも広いしカチカチに作り込んである分、ななかいとはかなり趣が違うんだけど、たまにはこーゆーのもアリかなと。
10月のななかいでは、また違った顔をみせてくれるのでしょう。…ってその前にどーするよFRIDAY(まだ悩み中…)

|
|

« 暑いからね… | Main | 『電車男』 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

踏まれましたね〜〜ガッツリと(≧▽≦)わっはっは〜
目の前のテーブルに昇ってくるとは!ビックリじゃン!

Posted by: ponn | 2005.07.29 at 05:17 AM

5月以来のガレシャン・・・待ちこがれてました~~。前の席は良かったわ・・・首が疲れたけど、汗が飛んでくるのが、わかりましたね!!
♪(*^-^)ノ”

Posted by: 葉子 | 2005.07.29 at 08:21 PM

踏まれてましたか(笑)。
テーブルを支えるのと飲み物をよけるのに必死で気がつきませんでした。

トラックバックしておきました、よろしくです。

Posted by: inochi | 2005.07.30 at 12:40 AM

いいなぁ~。。

ふまれたいなあ。。(違)

Posted by: なぎ | 2005.07.31 at 12:15 AM

うう、やっぱ途中で仕事モード入れるとレポ進まないわ~

>ぽんちさん&inochiさん
ええもう、がっつりと(笑)
飲み物とペンはよけたんだけど、メモまでは対処しきれませんでしたわ。
メモに微妙に靴あとがついてるよーなついてないよーな…(あの靴で外歩くわけじゃないだろうから汚れてなさそうだけど)

未完成なんでアレなんですけど、こちらからもトラバ打っちゃいました。

>葉子さん
ちょっとステージに高さがあるぶん首は疲れましたね。
汗飛んでくるのもよくわかったし、近くに寄ると晃士様いい匂いするんだよなぁ…(←匂いフェチ!?)

>なぎちゃん
いいでしょー(違)
でもいきなりステージからまるでステージの続きででもあるかのようにテーブルに移ってきたのでマジで泡食ったですよ(笑)

Posted by: Fumiya | 2005.08.01 at 01:11 AM

Hurrah, that's what I was searching for, what a material! existing here at this weblog, thanks admin of this website.

Posted by: free music downloads | 2015.04.04 at 07:24 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9558/5209221

Listed below are links to weblogs that reference 狂歌大全集。:

» 7/28ガレシャン [検索地雷★ヾ(´ー`)ノ]
■7/28(木)渋谷duo MUSIC  EXCHANGE 「ガ レージシャンソンショー」 リサイタル 「狂歌大全集」 (7th FLOOR真向かい、O-EASTビル1F) ゲスト:杏子、後藤まさる(Per)、喜多直毅(Vln) 協力:小野寺修二(水と油) 美術:松岡泉 照明:磯野眞也 -------------- セットリスト 01 サーカスサーカス 02 テアトル蟻地獄 03 灯り窓 04 L'amour 05 モノローグ劇場 06 苔のむすまで 07 求人広... [Read More]

Tracked on 2005.07.29 at 05:13 AM

» 狂歌大全集(その0) [命という名の萌(ひ)を灯(とも)せ!]
行ってまいりました。 開演前に友人Mと「素の佐藤さんについて」談義していた際、 ザッハトルテのフライヤーの裏に(失礼)サラサラ描いていた ターバン佐藤図 を見た周囲の皆様の反応で 50人/dayアクセスの恐ろしさを思い知りました。 とりあえず、同席した方には既... [Read More]

Tracked on 2005.07.30 at 12:36 AM

« 暑いからね… | Main | 『電車男』 »