« 泥沼黄金週間~怠惰 遊惰 懶惰 | Main | ゴーストライター ミーツ SENRI »

テアトル蟻地獄・其の二

テアトル蟻地獄・其の二

行ってきました。
飾ってあったフィギュア写真なんぞ貼ってお茶をにごしてましたが、とりあえず不完全レポ。

吉祥寺へ来るのは随分ひさしぶり。結婚するまでは買い物といえば吉祥寺だったのだが、実家を出てからまともに行ったことないような気がする。
地図を頼りに会場を探す。ランドマークは三越だが、吉祥寺に三越ってあったっけ?…とか思いつつへろへろ歩いていると、三越があった。…ああここ、昔は近鉄だったよなー。とか思いつつ角を曲がるともう列ができてて。おなじみの顔もちらほら。
そして開場。ドリンクをオーダーして中に入る…と、いきなりガレシャンの2人がお出迎えに立ってて多少ビビる。…いや、前回お出迎えがあったってことは各所のレポで読んではいたんだけど、入場時にはすっかり忘れてたもんで(^^;)素でびびってへどもどしていたら、晃士様に笑われた…ような気がしたのは自意識過剰だろうか。

さて開演。「テアトル蟻地獄」の調べに乗って登場するガレシャン。
…なーんか違和感が…と思ったら、晃士様、山高帽かぶってない。お出迎えの時もかぶってはいなかったけれど、ステージインする時はかぶるもんだと思ってたもんで。
芳明さんのアコルディオンには、ロゴの上あたりに切り文字の「蟻」が貼られ、蛇腹の端に髑髏マラカスがくっついている…マラカスの額をよく見ると「地獄」と書いてある。うーむ(^^;)
コール&レスポンスは「ゴールデンウイーク、ゴールデン?」「ウィーク!」「SBゴールデン?」「カレー!」…特に仕込みもないのに息もぴったりです(笑)

日比谷カタンさん登場。正式に登場する前に自分でギター持ってきたりステージセッティングしてたのですが、私まったくカタンさんに関する予備知識なしで行ったんで、最初スタッフのおねーちゃんかと思いました(爆)…なんで肩出したミニのワンピに網タイツとロングブーツで違和感がない!?
しかし演奏に入ると見かけとは裏腹に骨っぽいのだな。確かな技術に裏打ちされた変態性みたいなもんを感じてみる(なんだそりゃ)。そーゆー意味ではガレシャンと芸風近いのかもしんないなーとかぼんやり思いました。(ベクトルは違いそうだけど)
ついでに手がかなり好みだなー…とかも思ってみたり(毎度のことだが指フェチ)
ガレシャンとの微妙トーク(芳明さんツッコんでるし…)の後のセッション「愛のギヨテエヌ」はめちゃくちゃ良かったです。…CD買ったんだけど入ってないのは残念だなぁ。

さてお待ちかねの「蟻地獄ミュージックスクール」。1時限目は山田晃士講師による「フェイク」の講義。
教材はQueen、永ちゃん、ショーケン、藤原ミチロウ…だったかな?
迸る魂の叫び、というかなんというか…これ文章にするの無理ですって(^^;)
いろんな人のフェイクを聴いてみたくなる、そんな講義だったとだけ言っておきましょう(どんなんだ)

佐野史郎さん&橋本潤さん登場。佐野さんはTシャツにジーンズ、潤さんはスカジャン。…うっかり「おお、潤さんまともだよー!」とか呟いてしまった(笑)
佐野さん曰く、「地元なので歩いてきました…着替えてません」(笑)
ガレシャン出てきて1曲セッション(♪どんどんどどーん、とか歌ってたなぁ)の後、あっさりと引っ込んでゆく芳明さん。しばしトークで場を繋ぐも戻ってこない…「おい、佐藤どこいった!?」と言われて戻って着てひとこと「段取り間違えました」…今日は芳明さんがぽんこつ味ですか?
晃士様、「この男はライブで長襦袢着たりするんですよ」とか佐野さんにチクってるし。
そして佐野さん、芳明さんに対して「以前他のレコーディングでお目にかかった時はこんな人じゃなかったような…」てなことをおっしゃる。既に定番ですなこの反応は(笑)
もう1曲セッション。さわやかフォーク系(って表現も変だが)なメロディラインで♪好きな場所~とか歌うのですが、晃士様、♪好きな場所~ の後に♪脇の下~(舌なめずりの音)だの♪足の指と指の間~(以下同文)だのと歌って一気に猥褻度を上げる…。佐野さん「…そーゆー歌だったのか」と苦笑。
高田渡さんの話題にちょいと触れたあとの「ともだち」って曲よかったな。

AMS2時限目は佐藤芳明学長による「音楽の表現と技術」(だっけ?)の講義。
要約すると技術は未熟でも伝えたいという想いが感動を呼ぶ、って話…だと思うんですが、この講義は教材がすごかった。
なんかの発表会と思われるトランペット演奏。演奏者はおそらく中年男性。曲は「銀座の恋の物語」
…ええ、確かに技術はともかく想いは伝わってきたよーな気がいたします。
しかし学長、こんな音源いったいどこから持ってきたんですか(^^;)

さてガレシャンのステージです。今度は山高帽あり。この間の泥沼でもかぶっていた三本線入りのアレです。隣に座っていたおにーちゃんが「…アディダス?」と呟いていました。考えることはみんな一緒だなぁ…とか思ったらホントにアディダスなんですかアレ(^^;)
「幕切れはひとり」でスタート。
売買ブルースの前フリで晃士様「激落ちくんを買ってギターを磨いたら傷がついたのでギターを売った」てなお話。…そりゃ傷つきますって(^^;)
そして本日のからくり人形のIQは3。…史上最低じゃないでしょうか。
晃士様、流浪の朝謡のイントロに乗せていったんひっこんだと思ったら譜面台に布を被せたものをふとんたたきで叩きながら登場。
「みなさん、ゴールデンウィークです…奈良県に引っ越してみませんか?」…また旬なネタを。(「奈良」「引っ越し」でぐぐったらこんなん出てきたよ…(^^;)
コール&レスポンスは「引っ越ーし!引っ越ーし!」…途中で晃士様「”ひっ”を取ってくれ!」とか言い出す。「コーシ!コーシ!」と客席の声が揃うと「いい気分だ」ですって。なんかホントにいい気分そうで可愛かった。
しかし♪上をみればため息ばかり に持って行くタイミングが芳明さんと合わず。…ぽんこつ味?
そうそう、ガレシャン版の「いざ進めよ、いばらの道を」は久しぶりに聴いた気がします。泥沼もいいんだけど、私が最初に聴いたのはガレシャンのこれなので、わーい原点、って感じで個人的に非常に嬉しかったです。
「愛の詩」でしっとりと締めた後はもちろんアンコール要求です。会場一体となってのコールはもちろん「引っ越ーし!引っ越ーし!」(爆)
「もうやめろ!」と笑ってんだか怒ってんだかな表情で出てきて、アンコール曲は「テアトル蟻地獄」
テアトル蟻地獄の次回は年を越えるかも…ってことでした。でもお店からやめろとは言われていないそうなので、きっとまたあると前向きに考えましょう。…というか、やってくださいお願いします。そしてできれば平日は避けて下さい…

|
|

« 泥沼黄金週間~怠惰 遊惰 懶惰 | Main | ゴーストライター ミーツ SENRI »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

神戸に戻ってからも少しバタバタしておりましたが
ようやく落ち着きを取り戻すことが出来ました。

SPCではぽんちさんの紹介でご挨拶させていただくことが出来まして大変嬉しゅうございました。
あのときから既にココロの中がバタバタしておりましてほんの僅かしかお話出来なかったのがとても残念ではありますが、続きは次回遠征の楽しみに取っておきマス☆

実はそのバタバタの素が原因で皆様のパフォーマンスをココロの底から楽しめる状態ではなかったのですが(佐野史郎&橋本潤の「オトモダチ」を聴いたときには正直ココロがグシャグシャになりそうでした)、
そんな中にもスッと飛び込んでくるガレの演奏にまたまた惚れ込んでしまいました(結局ノロケかよ:笑)

Posted by: ビフィー太 | 2005.05.07 at 05:05 PM

お会いすることができてこちらこそ嬉しかったです。
あまりお話できませんでしたが、次回まみえる機会には思い切り萌え話をいたしましょう(…え?違う?)

Posted by: Fumiya | 2005.05.09 at 12:54 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9558/3980775

Listed below are links to weblogs that reference テアトル蟻地獄・其の二:

» 05/04ガレシャン [検索地雷★ヾ(´ー`)ノ]
■05/5/04 (金) ガレージシャンソンショーpresents「テアトル蟻地獄〜其の二」 会場:Star Pine's CafeHP CAST:ガレージシャンソンショー、佐野史郎&橋本潤、日比谷カタン 17:30/18:00 ¥3000/¥3500 ------------------------------ オープニング:オートバイの男/エディット・ピアフ 01 幕切れはひとり        (蛇腹+カスタネット) 02 バイバイ(売買)ブルース   (蛇腹+ギター)    ... [Read More]

Tracked on 2005.05.06 at 03:28 AM

» テアトル蟻地獄2(その1) [命という名の萌(ひ)を灯(とも)せ!]
前回に引き続き、今回も客入りでお出迎えがありました。 こちらは今回もあるかもしれないと思い、ある程度覚悟ができていたのですが... ...すいません、ごめんなさい。 まともに社会人やってると、 こういう 服着ていく機会があんまりないんです。 (前回の泥沼ライブでのMC調に読んで頂ければ...orz) いや、まてよ、山田さんド近眼だから本当に気のせい(または自意識過剰)か... [Read More]

Tracked on 2005.05.07 at 12:35 AM

» テアトル蟻地獄〜其の二 [ななかいのチョコレート問題OK?]
 鑑賞して参りましたよ、はい。とりあえずガレのセットリストだけでも。★幕切れはひとり★売買ブルース★流浪の朝謡(withネタ「奈良の騒音おばさん」)★名も無きマチネ★陽はまた昇る★いざ進めよ、いばらの道を★愛の詩en:テアトル蟻地獄いつに無く熱のこもったガレの晴れ舞台。共演の日比谷カタン氏、佐野史郎氏with橋本潤氏も大変素晴らしゅうございました。ダガシカシ、ダガシカシ...今回のレポは「偏愛的外伝」にも当ブログにもこれ以上詳しくは書きません。というよりそういう気分にはなれないのです。理由は神戸に戻... [Read More]

Tracked on 2005.05.07 at 04:29 PM

« 泥沼黄金週間~怠惰 遊惰 懶惰 | Main | ゴーストライター ミーツ SENRI »