« 帰り道。 | Main | ささやかなしあわせ。 »

分別盛り。

前の記事にも書いたとおり、実は休日出勤だったわけですが、ライブ行けなくなったらどうしよう…とかそわそわしながら仕事してたんで結局あまりはかどりませんでしたよ。何しに行ったんだか。
そんなわけで6時前に仕事放棄して渋谷へ。向かいのO-EASTでは本日「The タイムボカン祭り2005” ボカンと一発コンサート!!」開催だったりするわけなのですが、今回はガレシャンを取りました。すみません山本先生…

さて列をつくって開場を待っていたのは良いが、6時半を過ぎてもスタッフさんが誘導に来ない(^^;)
しょーがないので様子をみるべくエレベータで上がっていってみたら、普通に受け付けてもらえたという…(^^;)今回からそーゆー運びなのかな?
今回もテーブルありの並び。そして場内に流れる音楽はジュリー。
せっかくなので最前センターに陣取ってみる。「そこいると晃士汁飛んでくるよ」と普段最前のお嬢さんたちからアドバイス(ちなみにほんとに飛んできました)。

本日のセットリスト(補完希望)
1部
禁断のマルガリータ
スウィング蟻地獄
胡乱な恋人
スザンヌ
陽はまた昇る
新曲(タイトル不明)
名も無きマチネ

2部
楽園と煉獄のオペレッタ(ガレージ裁判バージョン(謎))
求人広告と飲みかけのエスプレッソ
平成エレジー
自堕落論
サーカスサーカス
モノローグ劇場

アンコール
花のかんばせ


1部の衣装は2人とも黒ずくめ。
「禁断のマルガリータ」でスタート。
…うわヤバい。目前で見る晃士様色っぽい…そもそも私この曲大好きだしなー。ひさびさにヤられた感じ。

晃士様客席を見渡して「おや、席替えですか?」…確かに抽選制が導入されたせいもあり席順が今回かなり違う。顔ぶれは同じだけど。

本日のからくり人形のIQは41。最近低迷気味?

セカンドアルバムのお話。タイトルは「狂歌全集」。
予約推奨するものの、予約特典はないそうな。しっかりしてくれキングレコード(笑)
没タイトルのひとつを晃士さんお習字。「悲喜劇」と大書。その紙は「ではこれは席替えしたあなたに」と同じテーブルにいたYさんに。いいなーと見守る。(後で「どーせなら軸装しましょーよ」、とかけしかけてみたりして。)

晃士様考案のタイトルの中で芳明さん的には「役者志願」というのがツボだったらしいです。(客席的にもツボ)
「おまえの考えたのも言おうか?」と晃士様。「いや言わないで」と芳明さん。
それでも言っちゃったところによれば、芳明さんは「パロディスト」というコトバを軸にいろいろ考えていた由。…それはどーかと思うなー(^^;)

ジャケ撮影の際、芳明さんの手が綺麗と言われた話。(実際綺麗だよなー<指フェチ)
「タトゥーシールやめちゃえよ。本当に入れちゃえ!髪も染めちゃえよ!」とけしかける晃士様。
「しかし彼は通常から変態に変わっていくその作業そのものが楽しいようです…」とまとめるも、同意を求めると芳明さん聞いてない。
「俺がいろいろ話してるの、聞いてないでしょ?」と言うとうなづく芳明さん…いいコンビと言っていいのかこれは。

「春は別れの季節です。あなたがたは卒業式で泣いたことがありますか?私は1回もありません」
とある専門学校の卒業式で歌を歌ってきたそうでして、「おまえたちの未来は明るい」と言う校長先生と同じステージで「おまえら No Futureだ!」と言ってきたとか。いや、ある意味正しいですよね。希望に満ちあふれた未来ばかりじゃないってことで。
で、「卒業で別れられて心底ほっとした」彼女に捧げる「胡乱な恋人」。楽器は抱えピアニカ…じゃなくてクラビオーラ(また名前が思い出せませんでした)

「スザンヌ」はギターで。
ギターを弾く時はきちんと指輪を外す晃士様…手が色っぽいなぁ(くどいよーだが指フェチ)
この曲をレコーディングした11年前に、晃士様はひとりのアコーディオン弾きに出会ったそうです。「まだボーダーシャツを着ていなくて名前もローマ字でない」芳明さんの事務所の社長…ってcobaさんのことですね。縁は異なモノですな。

おなじみ「陽はまた昇る」
ステップに乗り遅れて(これもぽんこつ味?)「遅れた!」と笑いながら合流する晃士様可愛い。そして芳明さんは無表情でステップを続ける…。
やっぱこれ大好きだわ私。

譜面台出してきて「昨日できたばかり」という新曲を披露。「さっきリハーサルしました」と言いつつもさすがによたったりはせずに聞かせてくれました。
本人曰く「いっぱいいっぱい」だったそうですけれど。
いい曲です。…昨日できたばかりってことはセカンドには入らないんだろうけど(残念)

「名も無きマチネ」で第一部締め。

休憩時間中に、小さな丸テーブルと椅子がステージに運び込まれる。テーブルの上にはハンマーとゴム製?の灰皿みたいなカタチのもの。どーゆーネタの布石だ?
「くさい!臭う…臭うぞ!犯罪の臭いだ!」と小芝居しながら客席を抜けてくるふたり。めちゃくちゃ紫煙ただよう一角を抜けて「このへんは煙草臭い!」とも。
なにかあやしげな黒の長い上着を着用。裁判官が着るようなアレですが、生地はうんとチープな感じです。
芳明さんはピアノの前へ。晃士様はさっき運び込まれた椅子へ。
ハンマーで灰皿様の謎物体を叩き、「静粛に!これよりガレージ裁判を開廷いたす」…なるほどそうきましたか。
(ハンマー、あまりいい音がしなかったので微妙に力が抜けるんですが…)
「煉獄と楽園のオペレッタ」に乗せて芳明さんの無駄遣いを暴き立てる晃士様。…何買ってたんだっけ。「テンピュール枕まで買おうとしている」は妙にウケたのですが。
ともあれ、音楽にまったく関係ないモノばかりに浪費する音楽家としてあるまじき行為。「有罪と思う者は拍手!」そりゃもう客席からは大拍手ですよ。
「判決。梅干し2個の刑」…なぜか「ウメボキ」になってしまってそこでまた笑いが。
おもむろに箸を割り、梅干しを2個口に入れる芳明さん。すっぱそー。
続いて晃士様の罪状認否。芳明さんのボーカルも聴けました(笑)泥沼山岳部の活動、約束しといてドタキャン。刑は「3個!」と客席から声。「いやでもボーカリストだからなー、1個にしとくか」と裁判官芳明さん減刑を試みるも客席からは不満の声が(笑)結局梅干し3個の刑執行。後でお酒ラッパ飲みしてたけど、味わいとしてかえって辛いことになってそうです。
そしてこの手のネタのパターンとして、当然矛先は客席に来るわけで(笑)「こちらはお友達ですか?」と最前の我々のテーブルへ。
…まあお友達といえばお友達なのですが…「今日友達になりました」と答えていきなり出鼻をくじいてみる(爆)
続いて後ろのテーブルへ。「彼女の罪を暴きなさい」と言うことで、友人の罪の暴露を強要(笑)。返答「今日会社を早引けしてここへ来ました」「なんと!労働よりガレシャンをとったということか…素晴らしいじゃないか」ってことで無罪。
最前左側のテーブルにいたお姉様のお友達が「言っていい?」と確認の上罪の暴露「隣でやってるFENCE OF DEFENSEのライブに行こうとしてました」 これは文句なく有罪判決が出てしまいました(笑)梅干し2個の刑。お友達と罪を分け合っていましたが、テーブルにはビール瓶が3本で、単なる酒のつまみになっていたという…
…休日出勤蹴っ飛ばして、向かいのライブとの間で揺れてた自分にはとても身につまされる裁判でございました(笑)
ちなみに梅干しはしょっぱかったそうです。

上着を脱ぐと、晃士様は赤、芳明さんは白のお衣装。わりとよく見る服ですね。

「求人広告と飲みかけのエスプレッソ」でしっとりと聴かせるかと思いきや「平成エレジー」「自堕落論」「サーカスサーカス」の3コンボ。うわあ体力勝負。
つか、晃士様汗かきすぎです。赤い衣装が半分以上色かわってます(^^;)
そうそう、平成エレジーの合いの手はつい「Hi!」とやっちゃいがちですが「Hey!と言ってくれ!」だそうです。次回からは気をつけましょう。

「モノローグ劇場」で締め
「今日はアンコールはなし」と言って引っ込んだのだけれど、ステージに残されたペダル(…なんていうんだろう?)が怪しげなリズムを刻み続け、踊りながらの再登場で「花のかんばせ」

楽しいライブでした。
…というか、距離が近いせいかいつにも増して晃士様に悩殺されっぱなしというか(をい)
後で友人Pさんに「目がハートでしたよ」とツッコまれたのでした…

勢いで出待ちまでしちゃったし(笑)
「本当は飲みに行きたいんだけどねー」と言いつつミックスに向かった晃士様。アルバム、期待してます。
(で、予約しようと思ったらまだamazonに出てなかった…(--;))

|
|

« 帰り道。 | Main | ささやかなしあわせ。 »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

fumiyaさん、ご一緒にと、誘ってくださったお陰で「お宝の悲喜劇」戴けました。
ありがとう。
しっかり・・と、軸装しておこうかしら、そしてサインをもらおうかなぁ・・なんて、うらやましがらせて、ゴメンナサイ。

でも、最前列で見る晃士さん、さらに格好良かった~着ている黒いブラウスの前と袖のカフス部分がレースっぽかったりしてさりげなくお洒落!

それと、私は指フェチではないけれど、晃士さんの長い指と、佐藤さんのタトゥーした指、近くで見ると悩ましかったわ。

ちょっと、緊張気味の最前列体験、お陰で楽しい思い出いっぱいのライブになりました。

唄の感想は、全部良かった!!ということで(笑)

Posted by: 葉子 | 2005.03.28 at 11:47 PM

では次回は軸持って出待ちってことで(笑)

最前列、楽しかったですね。
ま、そうそうできる体験ではないかなーと思いつつ、またご一緒させてくださいませ。

Posted by: Fumiya | 2005.03.29 at 01:51 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9558/3453546

Listed below are links to weblogs that reference 分別盛り。:

» 03/26ガレージシャンソンショー [検索地雷★ヾ(´ー`)ノ]
■3/26 (土) 月例単独渋谷 7th FLOOR 『円山町で逢いましょう』 弥生「分別盛り」 ガレージシャンソンショーHP -----------... [Read More]

Tracked on 2005.03.27 at 06:44 PM

« 帰り道。 | Main | ささやかなしあわせ。 »