« 巨大デジカメ。 | Main | またもや訴訟警告状(笑) »

霜月-鳥篭・水槽・檻

と、いうことで昨日は今年最後のガレシャンななかい公演でございましたよ。
例によって曲順、曲名間違い、抜けはご容赦。

入場したらばでかいカメラが2台据えてありましてちょっとびっくりでした。(12/1にTVK出るそうだから、その素材用かな?…と思いはしたが特に説明はなし)
オープニングからいきなり「回転木馬(仮)」
歌い終わって「いきなり歌い上げてしまいました」と晃士様。「もう歌い上げません」てえーそんなぁ。客席から微妙な悲鳴(笑)
橘高さんアルバム参加の話に触れ、「ポップでキッチュなガレージシャンソンも歌えるロック歌手」と自称。そして佐藤さんに関しましては…「V-アコーディオンの箱でもやしを栽培するIQ13のからくり人形」だそうでございました。
IQ13…史上最低のIQではないか?てか、もやし栽培…なんかいいなぁ。
MCはTDL話。期間限定ナイトメアビフォアクリスマスバージョンのホーンテッドマンションのために赴かれた由。
11時に入園して、ファストパスを取りに行ったら指定時刻が21:30だった、ってのは…(^^;) 佐藤さんも「意味ねーじゃん!」と思いっきりツッコむ。
そして「流浪の朝謡」にのせて「ガレシャン2004年総括」に突入…って早っ。まだ12月入ってませんがな。とはいえななかい今年最終だからなぁ。コール&レスポンスは「どうにかなった、なんとでもなった」
個人的には「大江千里とアラバマ・ソング」繰り返したあげくに「大江千里は十人十色」とやったのがツボで。思わず「千里っ」とかやりたくなりましたよ(嘘)いや、しかしそれって今年の話なんだよなー。まだ1年経ってない。
佐藤さんピアノに移って「求人広告と飲みかけのエスプレッソ」。
新キャラ「なにわのスイングピアニスト・綾戸智絵吉」は本日が引退公演。理由は「ロールピアノの宣伝活動に専念するため」…ヤヤウケ。
(余談だけどこのロールピアノって昔バイエルの後ろについてた紙鍵盤を思い出さずにはいられないなぁ…)
で、その綾戸智絵吉氏演奏により「無駄むだムダ」とのタイトルコールなれど、始まったのは「ペルソナポルカ」。え?とか思っているとちゃんと「無駄むだムダ」に移行…というか混ざってる!すげぇ!さらに「血まみれ恥まみれ」も混ざる。あとなんかあったかな…フォロー希望。
佐藤さんアコに戻って「筋書きのない舞台」「夜会服で」で、一部終了。

休憩時間にトイレに行ったら、ドアノブが取れたんでびっくりしたよ…(^^;)

第二部。衣装替え。晃士様は以前見覚えのあるラメTにジャケット、佐藤さんは白シャツにネクタイ。…アコ抱えるのにネクタイは邪魔なのでは?とかちらりと思う。
「モノローグ劇場」。「出演者募集中…面接即採用」てなことで本日のゲスト、梅津和時氏登場…サックスを吹きつつ求人雑誌めくりながら(笑)細かいネタだ。
梅津さんは佐藤さんの大学の先輩なのだそーでございますよ。明日(って今日だな)練馬の農園のビニールハウスでライブをやられるとか。面白そうだなあ。ちょっと練馬は遠いが。晃士様、自分たちもビニールハウスでやってみた発言。「衣装は赤と青のジャージで」…それじゃテツ&トモだよ…ちょっと見たいかも(をい)
梅津さん交えて「花のかんばせ」。楽器はクラリネットに持ち替え。間奏で梅津さん、クラの下のほうのラッパになってるとこはずしてそこだけを吹く。なかなか変態的な音で楽しい。
もう1曲、今度はサックスで「平成エレジー」やって梅津さん退場。
「陽はまた昇る」(佐藤さんの無表情ステップが可愛い…)のあといきなり「ななかいのバラジョー」で締め、というのは結構意表をつかれました。

…あれ?「泣き顔ピエロ」を確かに聴いた筈なのだが、曲順としてどこに入るのか思い出せない…(^^;)

で、アンコール。
晃士さんはジャケット脱いでいて「半袖禁止!」と自ら叫ぶ。…うん。確かに何度見ても似合わない(爆)
梅津さん再雇用…(「一回クビにしたんですか?」「いやそんなおそれおおい」「辞めた方にまた来て頂いたんですね」てな細かいネタのやりとりあり)にて「サーカスサーカス」。例によって舞台を飛び出し、後方のテーブルによじ登って生声で歌う晃士様。「♪おーじょうさん…おぼっちゃんがいなーい!」(笑)うん、たしかに男子比率低い上に男子平均年齢高いわこのライブ…(^^;)
舞台戻ってジャンプしまくるので、アタマぶつけるんじゃないかとはらはらしてみたり。
「またお会いしましょう!」と引っ込んだあとも、客が誰も帰らない。今回は次回チケ争奪もないので席を離れる者もなくダブルアンコール求める求める。(先月やったしね…)そうこうしているうちにスタッフが舞台片づけに来るもののまだまだ手拍子は続く。で、再登場してきて曰く「お店でこの後オールナイトイベント入ってるそうなんで」…あらら。「サビだけ合唱しましょう!」と「いざ進めよ、いばらの道を」のサビだけ。つまり♪らーらららーらら 
まあそれはそれで楽しいのだけど、どうせならきちんと聴いて締めたかったかなーと思ってみたり。

そんなこんなで、非常に楽しいライブでございました。
来月はないんだよなー。クリスマスイブの泥沼楽団公演にも長者町にも多分行けないし(平日だもんなー)、年明けのソロライブまで晃士様とはお目にかかれないのね…寂しいなぁ。…いっそベロラバに行くべきだろうか?

|
|

« 巨大デジカメ。 | Main | またもや訴訟警告状(笑) »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/9558/2092211

Listed below are links to weblogs that reference 霜月-鳥篭・水槽・檻:

« 巨大デジカメ。 | Main | またもや訴訟警告状(笑) »